浜松市を中心にお客様の希望に応える公認会計士・税理士事務所(会計事務所)

お電話・FAXでのお問い合わせ TEL:053-475-4710 FAX:053-475-4712

会社設立・独立・開業サポート

会社を設立する前に

以下の4つのポイントをしっかり抑えた上での会社設立の手続きを進めるとスムーズに行えます。当税理士事務所にて以下の4つもサポート致します!!

  • Point1

    事業計画書の作成

    自分の現状を把握することから始めましょう。
    事業計画書を作成する為には、SWOT分析から御社の強み、弱み、機械、脅威を確認しておきましょう。それをもとに、事業計画書に起こしていきましょう。

  • Point2

    資金計画の作成

    起業の際に必要となる金額を計算します。
    事前に、出来るだけ正確な金額を算出しておくようにしましょう。具体的には、開業設備資金と運転資金の2種類に分けられます。また資金が足りなくなる場合も考え、不足分は公的金融機関からの資金融資や助成金が利用できるかを調べましょう。

  • Point3

    法人化・個人事業主の検討

    独立・起業=会社設立を連想する方が多いかと思いますが、必ずしもそうではありません。
    簡単かつ、費用を抑えて事業をスタートさせるためには、個人事業主という選択肢もあります。資金面や税務面において、法人化か個人事業主どちらを選択するのが良いのか、きちんとした知識がなければ判断出来ません。当事務所では、どちらでスタートするべきなのか?という所から相談に応じています。

  • Point4

    会社の種類の選択

    新しい法律により、資本金は1円からでも取締役は一人でも会社を設立できる事になりました。また、株式会社、合同会社(LLC)、合資会社と、会社形態も様々な形に設立できるようになりました。経営者さまのご意向に合わせて、適切な設立プランを受付けております。相談は無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

会社設立の流れ

基本的に株式会社や合同会社(LLC)、合資会社、合名会社のいずれの形態でも下記の流れで会社設立を致します。

  • STEP1

    事業目的や資本金、商号、発起人、役員、事業年度、発行株式の金額など、必要事項を決定していきます。

  • STEP2

    印鑑や印鑑証明は、各種手続きや会社を運営する上で必ず必要となります
    その為、発起人や代表取締役、その他各種印鑑証明書をあらかじめ取得しておきましょう。

  • STEP3

    会社の憲法と呼ばれる、会社の基本ルール「定款」を決めていきましょう。
    株式会社を設立する場合には、必ず作成しなければなりません。原始定款は設立登記の際に必要になりますので、前もって準備しておきましょう。また、「認証」という手続きが、本店所在地を管轄している公証人役場において必要となります。

  • STEP4

    定款に定めた出資額(資本金)を出資者の名義で振り込みます。
    資本金が振り込まれたことを証明する「払込証明書」を作成するために、振り込んだ際に入金の確認が取れるページのコピーを取りましょう。

  • STEP5

    法務局へ、登記申請を行います。申請が終われば、設立完了です。
    ※この時、本店所在地を管轄する法務局へ申請します。

  • STEP6

    STEP5の申請が終わりましたら、1〜2週間後には、会社登記簿謄本と印鑑証明書の交付を受ける事が出来ます。経営者さんにお願いしたいのは、起業される前に会社を設立する前に当事務所へお越しください。事前にアドバイスさせて頂きたい事が沢山あります。
    各種書類や、会社設立に関する実務の部分、資金繰りなどのナイーブな部分まで。是非、起業を決意した段階で、一度ご相談下さい。早い段階でアドバイスをさせて頂ける事で、会社の運営が早く軌道に乗るようにサポートさせて頂けます。
    まずは、お気軽にお電話でご相談下さいませ。

このページのTOPに戻る