浜松市を中心にお客様の希望に応える公認会計士・税理士事務所(会計事務所)

お電話・FAXでのお問い合わせ TEL:053-475-4710 FAX:053-475-4712

所長ブログ

《コラム》派遣事業の健全化と雇用安定措置

平成27年の9月30日に労働者派遣法が改正されましたが、その内容は主に次の7項目になります。
・常用雇用型の特定事業が廃止
・政令26業務が無くなった
・原則3年までしか同組織に派遣できない
・業種によらず無期雇用者は期間制限無し
・派遣労働者のキャリアアップが義務化
・違反派遣の場合のみなし雇用制度の施行
・派遣業許可要件の厳格化、行政指導強化
 これらの内容はそれぞれ、派遣元、派遣先にも影響を及ぼす事は間違いありません。
 このうち、派遣業の許可要件と3年までの雇用期間について取り上げてみます。

◆特定労働者派遣事業の廃止
 今までの、その事業の派遣労働者が常用雇用される労働者のみである特定労働者派遣事業は廃止され一般労働者派遣事業に一本化されました。改正前の特定派遣事業は届出をするだけで受理されれば即時事業開始できたのが、許可制では申請後許可を受けるまで2〜3ヶ月はかかります。
 何よりの問題は特定では事業資金の点で規定なしであったものが一般派遣事業の資産−負債=2千万円以上、現預金額1500万円以上という点です。事業を続けるならば経過措置の平成30年の9月29日までに許可を取らなくてはなりません(小規模事業所の配慮措置有り)。事業所の床面積が20岼幣紂派遣元責任者講習の義務化や更新も有り、初回は3年、2回目以降は5年に1度となっています。特定から一般にして継続するならば早めの準備が必要でしょう。

◆派遣労働者に対する雇用安定措置
 同じ派遣労働者が派遣可能期間(同組織で3年)を超えて同じ組織で派遣を続ける事はできないため、引き続き就業を希望する場合はいずれかの措置を取る事になります。
’標先への直接雇用の依頼
⊃靴燭塀業機会(派遣先)の選択
G標元事業主において無期雇用
い修梁掌柩儖堕蠅鮨泙襪燭瓩防要な措置
 業種に関係なく原則3年の派遣期間となったので、その後の雇用措置を派遣元、派遣先も考慮しなくてはならないでしょう。

国税庁:2014事務年度におけるネット取引調査結果を公表!

国税庁は、2014事務年度(2015年6月までの1年間)におけるネット取引を行っている個人事業者などを対象とした実地調査結果を公表しました。
 それによりますと、前年度比23.2%増の2,195件を実地調査した結果、同8.3%減の1件当たり平均1,121万円の申告漏れ所得金額が把握されました。
 この申告漏れ額は、同時期の実地調査における特別調査・一般調査全体での1件平均877万円の約1.3倍となり、申告漏れ所得金額の総額は、246億円(前事務年度218億円)にのぼります。

 調査件数2,195件を取引区分別にみてみますと、ホームページを開設し、消費者から直接受注するオンラインショッピングを行っている「ネット通販」が617件(1件当たり申告漏れ769万円)、「ネットオークション」が465件(同919万円)、「ネットトレード」が397件(同1,788万円)、「ネット広告」が289件(同1,194万円)となっております。
続いて「コンテンツ配信」が37件(同1,180万円)、出会い系サイトなど「その他のネット取引」が390件(同1,182万円)となりました。
 調査事例をみてみますと、インターネットオークションサイトを利用して物品販売を行い、多額の利益が発生していたものの、連年無申告だった者等に対して課税したケースが挙げられております。

 例えば、調査対象者A(男性)は、タイヤ販売の前職を生かし、自宅に倉庫を構えて自動車用品の販売をオークションサイトにおいて開始し、当初、本人からは「趣味でオークションサイトを利用しているだけ」との申立てがありましたが、調査によって把握した帳簿・取引口座等について、本人を追及したところ、申告の必要性を十分に認識していながら、税金の負担を逃れるために開業以来申告していなかったことを認めております。
 その結果、Aに対しては、所得税5年分の申告漏れ所得金額約6,700万円について追徴税額(加算税を含む)約1,900万円及び消費税3年分の追徴税額(同)約300万円が課税されました。

(注意)
 上記の記載内容は、平成28年2月8日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

国税庁:2014事務年度の無申告者に対する実地調査結果を公表!

国税庁は、2014事務年度(2015年6月までの1年間)に実施した無申告者に対する実地調結果査を公表しました。

 それによりますと、高額・悪質と見込まれた無申告者に対する実地調査は7,589件(前事務年度6,512件)行われました。
 実地調査の結果、申告漏れ所得金額の総額は1,417億円(前事務年度1,127億円)となりました。
 追徴税額は、総額で137億円(同122億円)、1件当たりでは181万円(同187万円)となりました。

 2014事務年度は、実地調査全体(特別・一般)が4万9,280件行われていますので、全体の約15%が無申告者に対する調査に充てられ、実地調査全体の申告漏れ所得金額4,319億円の約33%が無申告者に対するものとなります。
 1件当たりの申告漏れ所得金額は1,867万円となり、前事務年度の1,730万円から7.9%増加、実地調査全体の1件当たり申告漏れ所得金額877万円の約2.1倍となりました。

前事務年度に比べ、調査件数は16.5%増、申告漏れ所得金額の総額は25.8%増となりました。
 事例では、B市でエステサロンを経営している女性経営者が、連年無申告の状態でしたが、複数の無料情報誌に広告を掲載し、実際に店舗確認したところ多数の顧客がいて活況を呈していることが想定されたことから調査を実施したケースが挙げられております。
 調査の結果、A市でエステサロンを経営しており、A市を管轄するA税務署に対してはクレジットカード決済した収入を全て除外した赤字の申告書を提出していたことが判明しました。
 さらに、事業継続の意思・事実がありつつ、A税務署には異動届ではなく廃業届を提出し、事業廃止を仮装していたことや、店舗移転後も多額の利益を得ていたにもかかわらず、意図的に無申告だったことが判明しました。

 女性経営者に対しては、所得税7年分の申告漏れ所得金額約1億7,400万円について約5,700万円の追徴税額(加算税込み)及び消費税7年分の税額(同)約1,500万円が追徴されました。

(注意)
 上記の記載内容は、平成28年2月1日現在の情報に基づいて記載しております。
 今後の動向によっては、税制、関係法令等、税務の取扱い等が変わる可能性が十分ありますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。



【助成金補助金診断ナビ】新着助成金ニュース



2016年3月15日時点での新着助成金情報についてご案内いたします。
※助成金に関する詳細は、ゆりかご倶楽部「助成金補助金 診断ナビ」でご確認いただけます。

【厚生労働省】
●平成28年度 「厚生労働科学研究費補助金公募(2次)」 の募集

独創的又は先駆的な研究や社会的要請の強い諸問題に関する研究について競争的な研究環境の形成を行い、厚生労働科学研究の振興を一層推進する観点から、研究課題の募集を行います。応募された研究課題は、事前評価委員会において「専門的・学術的観点」や「行政的観点」等からの総合的な評価を経たのちに採択研究課題が決定され、その結果に基づき補助金が交付されます。

【経済産業省】
●平成27年度補正予算 経済産業省
「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」 の公募

導入する設備ごとの省エネ効果などで簡易に申請が行える制度を創設し、中小企業等の省エネ効果が高い設備への更新を重点的に支援することを目的に補助金を支給します。支援対象は、「長期エネルギー需給見通し」(平成27年7月)における省エネ量の根拠となった産業・業務用の設備を中心とします。

●平成27年度補正予算 経済産業省
「地域新成長産業創出促進事業費補助金(農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業) 」 の公募

農林水産物・食品の海外展開に向けて、鮮度の保持を始め、生産・加工・流通・海外販売の一連の流れの中で生じる課題を商工業の先端技術やノウハウの活用により解決する取組を支援することにより、農林水産物・食品の新たな市場開拓を促進し、我が国の農業の国際競争力強化ひいては、地域経済の活性化を推進することを目的に補助金が支給されます。


上記に関する詳しい情報は、ゆりかご倶楽部「助成金補助金 診断ナビ」をご確認ください。
※上記以外の新着助成金情報もご確認いただけます。


このページのTOPに戻る